×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

消費者金融と銀行系とクレジットのちがい

    

消費者金融と銀行系とクレジット


消費者金融と銀行系とクレジットの違い

@消費者金融 : 実質年率15〜29%程度。割りに審査も緩く、手続きも簡単
A銀行系消費者金融 : 企業によって差はあるが、実質年率は15〜18%位。融資限度が大で、全国都市銀行のATMを利用可
Bクレジットカード : 実質年率は15〜28.8%程度で、利用できるATM、CDの数も多め。消費者金融より審査基準が厳しく、手続きにも手間がかかる

キャッシングについては現金自動預け払い機(ATM)で簡単かつ手軽にお金を借りることが可能です。最近では、店頭まで行かなくてもインターネットでの申し込みも可能になりました。

ひと口にクレジットといっても、たくさんの業者があります。

契約先によって特徴(メリット、デメリット)があるのでうまく比較して、自分の利用目的や返済計画にあうのを探しましょう。

金利だけみても、8.7〜29.2%(実質年率の上限)と相当違いますので、負担が大きくなってしまうのでよく見極めて見つけましょう。
金利の基準としては13〜18%程です。
また融資限度額が大きいのも魅力的です。しかし、銀行系は消費者金融より申し込みに時間がかかり、審査が厳しいといった面もあります。

急にお金が必要になった人より、長期間で大目の融資を希望している人にオススメです。
消費者金融系は銀行とちがって比較的審査が簡単にすみます。審査時間も短く、即時発行可能〜最短30分で融資可能になるところがほとんどです。すぐに利用ができるのが消費者金融系の良いところです。

欠点としては、金利が高めで、また融資限度額が低いことです。




キャッシングやクレジットカードの発行ができる金融会社
ここでは、キャッシングやクレジットカードの発行ができる金融会社を紹介しています。ネットで簡単に手続きができます。

キャッシングやクレジットカードの発行ができる金融会社




手堅く実行!安心安全キャッシングのトップページ


◆お勧めサイトです。いずれも”わかりやすさ”にこだわり、専門分野をやさしく解説しています。

【投資】 投資用語集
【ダイエット】 ダイエット総合ダイエットフード部分痩せダイエット
【金融】 キャッシング、クレジットカード、消費者金融キャッシングQ&A、用語集
【コンタクト】 コンタクト、視力回復@コンタクト、視力回復A
【花粉】 花粉対策